包茎を解消したいなら知っておきたいクリニックでの治療と自力で治す場合のポイント比較

日本人の男性は包茎の場合が多く、たくさんの方が悩まれています。
包茎には種類があり、仮性包茎・カントン包茎・真性包茎があり、仮性包茎が一番多い症状になります。
放置していると感染症や性交渉で悪影響を及ぼす場合があるので注意する必要があります。
治療方法はクリニックで手術で治す方法や矯正器具を使用して自力で治す方法などがあります。
症状に応じてクリニックで治療をするのか自力で治療するのか決めることが重要になります。
クリニックでの治療と自力での治療のメリットなどいろいろなポイントを比較して、自分に一番合った方法で治療をすると良いです。

包茎を治療する必要性

包茎は、病気ではないので適切な治療をすることで治すことができる症状になります。
包皮線から分泌液や排尿時に残ったカスが包皮と亀頭の間にたまりやすくなり、つねに湿った状態です。
衛生面に問題があるので、雑菌が繁殖しやすくなることで、炎症など起こしやすくなってしまいます。
治療をすることで、性行為もしやすくなり、パートナーを満足させることもできて長年の悩みを解消させることができます。
包茎のままだと性病にかかるリスクも高くなるので、治療をした方が良いです。
仮性包茎の場合、治療をしなくても良いケースがありますが、勃起の際にほとんど皮をかぶった状態のケースや勃起時にほとんど亀頭が自然に露出できるタイプのものがあり、症状に応じて治療が必要になってきます。
真性包茎は、通常時・勃起時でも全くペニスの皮を剥ぐことができない状態で、性行為に支障がでます。
カントン包茎は、包皮の先端部が狭くなっているため無理に剥ぐと痛みを伴って裂傷を引き起こす場合があります。
亀頭と包皮が締めつけてしまうために、ペニスが壊死してしまう危険性があります。
リスクが高い真性包茎やカントン包茎の場合は、クリニックでの治療が必要になってきます。
治療にはさまざまな方法があるので、比較して自分に合った方法で治療することが大切になります。

クリニックで治療する方法やポイント

クリニックでの治療は、泌尿器科や形成外科などで治療することができ、メリットが多いです。
さまざまな方法があって、作図法やクランプを用いた手術方法・亀頭直下法などがあるのでメリットなど比較して決めると良いです。
作図法は、仮性包茎だけではなく、真性包茎もカントン包茎でも治療することができます。
手術の仕上がりに着目した方法ではない従来の手術法になるので、仕上がりにこだわる方には向いていない手術方法になります。
クランプを用いた手術方法は、包茎手術専用の器具を持ちておこなわれる方法で、外科的手術をしなくても良いといった特徴があります。
亀頭直下法は、亀頭のすぐ下に傷が隠れるので、自然な仕上がりになります。
第三者から見ても包茎手術をしたかわからないほどの仕上がりになるので、包茎手術の主流になっています。
包茎手術をうける場合は、実績が豊富なクリニックを選ぶようにすることが大切になります。
手術の方法もそれぞれクリニックで違ってきます。
真摯包茎のように包茎の種類によっては保険適応される場合もあります。
手術の方法や費用などいくつものクリニックを比較することで、失敗しなくて済むようになります。
クリニックで手術をすると20分から30分程度で、終わるので、簡単に悩みを解消することができます。
傷あとも目立たないようにできることもクリニックで治療をするメリットになります。

自力で治す方法やポイント

自力で包茎の治療をする方法は、矯正器具を使用する方法になります。
矯正器具にはさまざまな仕様のものがあり、リング状になっているものや接着タイプ・シールタイプのものなどがあるので、自分が好きな仕様のものを選ぶことができる点がメリットです。
クリニックに行くのが恥ずかしい場合や忙しくて受診することができない場合などに利用すると良い方法です。
リングタイプは、最もポピュラーなタイプになり余分な包皮をペニスの根元部分に集めることができる器具になり、装着することで、亀頭が露出させることができます。
接着剤タイプのものもあり、包皮をペニスの根元に集めた状態で接着することで亀頭を露出させる方法になります。
矯正器具を使用しないので、第三者にバレることがないといった点がメリットです。
シールタイプのものは、毎日貼りかえるだけで矯正することができるグッズになります。
通販などで購入することができるので手に入れやすさも魅力です。
さまざまな包茎矯正グッズがあるので、機能性や口コミなどを参考にして矯正グッズを購入すると良いです。
クリニックで手術をしたくないけど包茎の治療をしたい方は、矯正器具の使用をおすすめします。

まとめ

包茎は、クリニックで治療することもできるし、矯正器具を使用して自力で治療することもできます。
真性包茎の方やカントン包茎の方の場合は、矯正器具ではなく手術した方が良いケースがあるので、自己判断しないでクリニックで相談した方が良いです。
クリニックでの治療は手術が主になるのですが、傷あとも残らず短時間で終わる手術なので早く悩むを解消させたい方におすすめです。
手術までする必要がない軽度の仮性包茎の場合は、矯正器具の使用をされている方が多いです。
クリニックでの治療と自力での治療のメリットをそれぞれ比較して、自分に合った治療方法を見つけることが大切になります。

PRホームぺージ
絶対失敗しない包茎手術・クリニック情報をお伝え
包茎手術の専門クリニックを料金や治療方法、対応などで比較したHP